上場企業が利用!資金調達サポート会社がよく分かる比較サイト

各社の総合評価早見表

top > 上場企業の資金調達について > 上場企業後に行うべき資金調達法

上場企業後に行うべき資金調達法

未上場企業と上場企業の資金調達の最大の違いは、未上場時は特定の人にのみ株式や債券を購入してもらえますが、上場すると、自社株の一部を株式市場で取引されるようになり、不特定多数の人に購入してもらえる公募ができる点です。
企業の資金調達には、株式発行、転換社債の発行、社債の発行になります。
全て未上場企業でも実行可能ですが、未上場の場合は購入者を探す必要があり、金額も購入者によって決まってしまいます。
上場すると、公募により興味を持った投資家達が集まるため、より多くの資金を集める事が出来るようになります。
但し、社債の発行は企業の規模や安定性が求められ、格付け機関による一定の評価が必要になる為、実行できるまでに時間がかかります。
上場後、実行しやすいのは新株を発行して興味を持つ投資家達に購入してもらう公募増資になります。
但し、利益総額が変わらず、発行株式数が増えると一株当りの利益が減少する点には注意が必要です。



上場企業は広く一般から資金調達ができる

上場企業は、非上場企業に比べると、資金調達の方法が多彩です。
まず、株式によって市場から巨額の資金を集められるという点が一番大きいですね。
普通の会社は、銀行から資金調達をします。
事業計画書を提出して、審査を受け、成功する見込みがあるなら融資が受けられるわけです。
しかし、近年は貸し渋りの問題がクローズアップされているように、銀行からお金を借りるのは簡単なことではありません。
いくら事業計画が素晴らしいものであっても、銀行側に余裕がなければお金を借りることはできないからです。
上場していれば、株式で資金を確保できますから、貸し渋りの問題が起きていてもあまり気にする必要がなくなります。
銀行を介さず、広く一般から資金を集めることができ、経営状態は安定することでしょう。
しかしその分、株式を公開すると大きな社会的責任が生まれることは言うまでもありません。



幅広い業界で実現されている上場企業の資金調達

上場企業が資金の調達に取り組むことは、幅広い分野や業界で実現されるものとなり始めているのではないでしょうか。
業界や業種を問わず、こうした資金調達が実現できることに関しては、概ね良い傾向のひとつとして認識されているのではないかと推測されています。
大手の企業である程、投資家たちからの信用を得られる可能性が高く、資金の調達に至る事例も多くなりやすいとされています。
この流れが多くの分野で確認されるものとなり始めていることから、一連の流れが関心を集めているとみられています。
資金値用達のプロセス自体も、上場会社は安定的であると認識され、その特徴も多彩な分野に広がりを見せています。
今後はより幅広い分野の企業が上場しているタイミングで、資金の調達や確保を行うようになるとみられ、強い関心が抱かれるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー