上場企業が利用!資金調達サポート会社がよく分かる比較サイト

各社の総合評価早見表

top > 上場企業の資金調達について > 上場企業の資金調達法の一つにIPOがあります

上場企業の資金調達法の一つにIPOがあります

発行株式を売りに出す手法にIPOという資金調達があります。
IPOにつきましては新規公開株式を売りに出すことを通して、IPOを介して株式取得した投資者は、上場日から、マーケットにて取引を実行します。
多くの場合は、あらためていうまでもなく、上場した後に出来高が数多くなりまして、値段が引き上がる傾向があります。
最近では、IPOトレーダーが数多く、上場した後に高くなり、それから下げ幅を広げるケースが少なくありません。
上場した後の投資家間の取引に関しましては、ダイレクトに上場企業に悪影響を及ぼすことはないですが、株価の上げ下げに関しましては会社組織の資産的価値に影響を及ぼします。
そして、活動的な売買が施されれば、株の評価がアップし、額面の下支えとなることから、ビジネスを安定的にマネージメントできます。



上場企業が得られる資金調達などのメリット

会社がマーケットに上場する利点は会社サイドにも投資家サイドにもあります。
会社サイドの利点は、マーケットから大きい金額の資金調達を済ませ、事業規模拡大もしくは実益拡大を図り、設備投資であるとか、人材に対しての投資を実行します。
上場によりまして、会社組織の認知度が上がり、それ以降のビジネス展開にも有益性が高くなります。
上場によりまして、より一層の事業拡大のために増資が行いやすいこともアドバンテージです。
投資家サイドにも利点はあり、上場企業の株価が上がると、キャピタルゲインもしくはインカムゲインを獲得できます。
ビジネスが健全で収益拡大及び、株価が伸張すると、株式分割などを通じて資産が増加するケースもあります。
また、株価がダウンすると、空売りに因る収益がありますし、ダウンした所が買いの機会となるケースもあります。



直接金融で上場企業が資金調達する利点

投資家サイドよりダイレクトに金銭そのものを集める直接金融を踏まえての資金調達方法につきましては、株式及び債券という種類があります。
債権につきましては、社債と称され、借金になります。
原則的に金利及び返済年限を明確化して発行することが出来ます。
借金ですから、遠からず返済されることになりますが、担保が無く、経営破たんすると金銭が返ってこない危険を伴います。
一方で株式につきましては、資本の部に入って借金とは異なります。
金利も無く、返済の必要性もありません。
それと引き換えに、株主総会を介して、会社組織の重要事項に関しての議決権を保持します。
多くの株式会社に関しては非上場企業になります。
非上場は、株式を自由自在に取り扱うマーケットがない事ですので、投資する人も限られます。
マーケットに上場することにより、たくさんの投資家が自在に財源を提供してくれることになります。
したがって、株式を介しての資金集めはとても容易になり大きな利点になります。

次の記事へ

カテゴリー