上場企業が利用!資金調達サポート会社がよく分かる比較サイト

各社の総合評価早見表

top > 上場企業の資金調達について > 上場企業の資金調達方法は色々あります

上場企業の資金調達方法は色々あります

株式上場をしていない企業の場合、資金調達方法は銀行からの借り入れくらいしかありませんが、上場企業になることで銀行からの融資をお願いしなくても自社株を発行して投資家たちに購入してもらうことで資金調達が可能になります。
他にも上場企業になることで得られるメリットは沢山ありますので、上場を目指すのは大変ですが実現するために努力してください。
インターネット上にも資金調達に関する情報が豊富に掲載されていますので、暇な時間を利用して情報をチェックするのがオススメです。
株式公開によって企業自体を乗っ取られてしまうなどのリスクももちろんありますが、ある程度規模を大きくしていく上で通らなければならない道なので、専門家たちのアドバイスなどを参考にしながら進めていくのがベストです。
困った事があれば一人で悩まずに詳しい方に頼ってください。



上場企業の資金調達として銀行からの借入

借入と言いますと、一般人が行う場合にはあまりいいイメージがないかもしれません。
借入がどんどん膨らむようなイメージがあります。
会社においても、無借金経営が美化される面もあります。
ただ、無借金だから必ずしも効率的な経営ができているとは限りません。
ビジネスチャンスがあるのに、自己資金のみで経営をしていれば、そのチャンスを失う可能性があります。
チャンスがある時にはどんどん資金調達をして、お金をつぎ込むことで拡大することができます。
この時、上場企業はどんな方法で行うかです。
上場していると、会社の情報などが公開されているので信用力がアップします。
そのため、銀行からの借入もしやすくなります。
銀行は店頭などに金利を提示していますが、それよりももっと低く融資をしてくれる可能性があります。
最も手軽に、コストも低く調達ができます。



上場企業の資金調達で公募増資がしやすい

株式会社は、株主に出資をしてもらってお金が用意されます。
最初は、経営者だけで出資をすることもありますが、その後に取引先や社員などに出資をしてもらって増資をすることがあります。
基本的には、無関係の人に株式を持ってもらうことはあまりありません。
上場企業の場合、株式が市場で売買されています。
つまりは、その会社の株式を欲しい人と売りたい人がいる状態になります。
市場の状況にもよりますが、株価が上がっているときは欲しいと考えている人が多い可能性が高くなります。
資金調達の方法として、公募増資があります。
証券会社などを通して、一般の人から増資を募ります。
この会社の株が上昇しているときなどは、この公募に応じてくれるケースが多いので、資金が集まりやすくなります。
株価が下がっていたり人気がない時は、できないこともあります。

次の記事へ

カテゴリー