上場企業が利用!資金調達サポート会社がよく分かる比較サイト

各社の総合評価早見表

top > 上場企業の資金調達について > 上場企業の資金調達方法で代表的な株式に関する話

上場企業の資金調達方法で代表的な株式に関する話

上場企業というのは、株式市場に上場している企業のことを言います。
株式市場に上場するためには、厳しい審査をパスしなければいけません。
会社の規模や財務状況、法令遵守の状況や将来性などを厳しくチェックされますから、大手優良企業しか上場できないのが普通です。
ですが、一度上場をしてしまえば、市場から資金調達ができるようになります。
銀行にお金を借りるよりもずっと多くの資金を手にできますし、より多角的な経営も可能になるでしょう。
様々な場所に資金を投入して競争力をアップさせられるのでメリットが大きいです。
ただ、この方法にはデメリットがないわけではありません。
上場してしまうと、会社の様々な情報を公開する義務が発生します。
会社の中のことが世の中に筒抜けになってしまうのは、一つの大きなデメリットでしょう。
また、過半数の株式を握った個人や組織に経営権を掌握されてしまう危険性もあります。



上場企業が可能な資金調達のやり方

上場企業は株式市場に株式を公開しています。
ですから、上場企業というわけですがこれは資金調達に非常に向いています。
株式発行はネックとなることもありますが、何しろ利息を支払う必要がない資金になります。
銀行から借りることによって、どうしても結構な金利を支払うことになりますが、株式の発行であればそれは不要になります。
株の価値が下がるとか経営権は磐石か、といった様々なことがありますから、できることはできますが上場しているからといって常に株式発行によって資金を調達しているわけではない、というのはよく知っておきましょう。
しかし、とてもよいやり方であるのは確かでしょう。
では、他にどんな方法でやっているのか、といえば銀行融資になります。
普通の非上場の企業とその点においては大した違いがないといえるでしょう。
銀行融資も立派な上場企業の資金調達方法になります。



計画的に実施される上場企業の資金調達

上場企業が資金調達を進める際には、計画的に実施されることが一般的であるとされています。
あらかじめどのタイミングで資金の調達を進めていくか検討し、その時期に合わせて経営計画を模索していくことが実践されています。
最近では、資金の調達を計画的に検討することが、企業の成長ビジョンにもマッチしていく可能性が高いと認識され、上場している企業ではこの在り方が重要視されているとみられています。
様々な形式で資金調達が模索されており、株式の分割や店頭公開などが資金の調達源になることがスタンダードになっています。
上場企業では、こまめに資金の調達のプランニングを展開し、計画的にそのプロセスを進行させることが望ましいと捉えられています。
今後も上場済みの会社においては、資金調達を計画的に行うことが実現されるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー