上場企業が利用!資金調達サポート会社がよく分かる比較サイト

各社の総合評価早見表

top > 上場企業の資金調達について > 上場する為の審査って厳しいの?

上場する為の審査って厳しいの?

 企業の資金調達の方法には、株式による資金調達があります。この株式で資金を調達するためには、不特定多数の株主から資金を調達できる公開株式にしなけらばなりません。では、そのためには、どうするかというと各証券取引市場への上場が必要となります。証券取引市場には、一般的に良く知られている東京証券取引市場、いわゆる東証です。この中でも一部と二部があり、東証一部上場会社となれば、かなり信頼度の高い会社となります。ただし、東証一部に上場するためには、かなり厳しい上場審査基準をクリアしなければならず、上場のための準備にもかなりの時間を要するといえます。新興企業でも上場できる証券市場としては、ベンチャー企業などが上場しやすい東京証券取引所のジャスダックや、マザーズがあります。

 では、これらの証券市場への上場に関する具体的な審査基準について、まず東証一部・二部市場に関してみていきます。
まずは、東証一部においてですが、
 ・株主数が、2,200人以上、
 ・上場時見込みの株式数が流通株式で20,000単位以上、
 ・流通株式比率は上場株券等の35%以上、時価総額250億円以上、
 ・事業継続年数が、新規に上場申請をする日までに、3か年以上。この場合、直前の事業年度末から逆算して、取締役会を設置し継続的に事業活動をしていることが必要となります。
 ・純資産額が10億円以上
 ・最近2年間の利益総額が5億円以上、時価総額500億円以上
 ・財務諸表や有価証券取引所などに虚偽の記載などがないこと
・東証の承認する事務代行機関に事務を行わせる
・単元株式数が100株単位になる可能性があることや株券の種類などを決める
 ・株式の譲渡制限を行っていないこと
 ・指定の振替機関の取扱いの対象であるまたは見込みがあること
などかなり細かな基準が設定されています。また、東証二部の場合は、株主数が800人以上、流通株式4,000単位以上、流通株式の時価総額10億円以上、流通株式比率が上場株券等の30%以上、時価総額20億円以上となり、その他の条件は、東証一部の基準と同じです。

 東証マザーズ、ジャスダックにいたっては、東証一部より審査基準のハードルが低くなるため、上場方法としては、こちらの方がクリアしやすいといえます。
 東証マザーズにおける上場審査基準の主な内容は、
 ・株主数200人以上
 ・流通株式数が、2,000単位以上、流通株式時価総額5億円以上、流通株式比率は上場株券等の25%以上
 ・時価総額10億円以上
 ・事業継続年数は、新規上場申請日以前に1年以上取締役会を設置した事業活動を行っていることが必要
 純資産の額や利益総額、時価総額などに関する規定はなく、その他の項目に関しては東証一部とほぼ同様の内容基準となります。
 東証ジャスダックに関しては、スタンダード形式とグロース形式があります。内容は、ほぼ同じなので、スタンダード形式の内容を取り上げます。
 ・株主数は200人以上
 ・株券の分布状況について、公募又は売出し株式数が1,000単位か上場株式数の10%かのいずれか多い株式数以上
 ・流通株式時価総額は、5億円以上
 ・連結純資産額が、2億円以上
 ・最近1年間の利益総額が、1億円以上、時価総額50億円以上
 となっており、グロース形式がスタンダード形式と違う点は、連結純資産額がプラスであればよく金額は指定されていない点です。
 その他の項目は、東証一部に準じています。

次の記事へ

カテゴリー