上場企業が利用!資金調達サポート会社がよく分かる比較サイト

各社の総合評価早見表

上場企業と非上場企業の違い

 一昔前までは、事業を立ち上げようとしたら会社を株式会社化して株式市場に上場し、証券市場から潤沢に投資資金を吸い上げて企業を成長させることが目標であり、企業メリットにつながると見られてきました。現在、証券取引所に株式公開を認められた株式会社が国内に4000社程度ありますが、非上場企業との違いは自社株を公開しているか否かです。株式が公開されていれば株式市場で日々、売買されているので、株式所有者は企業やファンドの他に数多くの一般投資家となりますが、一部の上場企業には創業者一族の含まれるケースもあります。
 これに対して、非上場企業の株式は未公開株と呼ばれ、従業員や社長以下、役員、あるいは限られた親族や投資家の所有しているケースが多いので、上場企業と比べて株主構成や株主数が限定的であることも違いに挙げられます。

 証券市場に上場していないと株式の買い手や売り手が少ないので売買が簡単にできるわけでありませんが、株主間の取引は可能です。また、上場企業と非上場企業はメリット、デメリットを持っていますが、両者にも違いがあります。上場企業は株式公開以後、購入資金は株式所有者が負担してくれるわけですから、自社資本を供出する必要がなく、大きなメリットのはずです。
 しかしながら、外部の投資家が思惑を持って株式を次々と市場で買い集めて最大株主となれば株主総会で経営方針を左右することができるようになるので、株式を公開している会社のデメリットになることさえあります。近年、世界的な規模の企業にのし上がろうとして数兆円規模の資金を使って世界中の市場でM&Aを行い、競合する企業あるいは、有力な企業を傘下に収めようとする企業集団が増えています。

 このため、社長以下、従業員が努力の末に世界的に見て簡単に真似できない高付加価値製品やサービスを生み出して注目されても発行株数が大きくないと思惑のある投資家グループや企業集団等に買収される実例も散見されています。そこで、買収される脅威を感じて自社や経営者が株式市場に出している公開株を買い集めて上場を廃止する企業も現れています。
 一方、非上場であれば会社で資金調達する必要が出た場合、金融機関、その他から資金の融資をしてもらうわけですから、利子をつけて資金を返済する義務があるので、非上場であるが故のデメリットといえます。また、簡単に株式売買ができないので、思惑のある投資家グループが目をつけても最大株主になろうとしてもできないわけです。この点は非上場であるが故のメリットと言えるわけです。昨今は企業にとって株式市場への上場、非上場がメリット、デメリットのどちらにもなり得る時代となっています。

カテゴリー